ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

住宅猫日誌    


やはり、ジェィ君♂以外の住宅猫たちもどこかしらのお宅から餌をもらっているようです。
私が餌を差し出しても喜んで食べることはまずありません~^^;

猫はペットですので人のいるところでないと生きてはいけません。
ここの住宅猫たちが今後もこうしてきちんと餌をもらい続けられるのであれば、ゴミあさりをすることはまずないでしょうし、手術をしてリリースをすれば盛りの時期の鳴き声や出産もなくなります。
排泄の問題にだって解決策があります。

このまま外猫たちを見過ごして放っておけばいつまでたっても外猫はいなくならず、たとえ躍起になって自分の敷地から追い出してみてもそれはほんの一時しのぎにしかなりません。
猫は野性味が強く残っている動物ですので、たとえ人から餌を与えられなくとも何とかして餌にありつこうと奮闘します。(=生命力、繁殖力旺盛)
餌は、小動物や人間が五万と出すゴミの山などがターゲットです。

やはり猫はペットであって野生動物ではありませんから、生きている以上人間の管理が必要不可欠ですし、また、飼い主のいない外猫たちがフラフラとしている地域社会であるということは人間側の責任も問われているということになるのではないかとおもいます。

本当はこうした外猫たちにも飼い主さんをみつけてあげられることが一番望ましいことなのですが、現実的には大変に厳しい状況です。
勇氣ある心優しい有志の皆さまが家の中に外猫たちを迎えるのには限度があります。
また、飼い主さんを探すにしても、人の管理下にない外猫たちはどこかしら患っていることが多く、そういった猫たちを理解して迎え入れてくれる人達が果たしてどれだけいるか?ということにもなります。
おそらくほとんどの方が、病氣もなく子どもの頃から育てて馴らしていける子猫をペットショップで買い求めることを選択されていることでしょう。
そういった現状を知りながらも、長い長い間、なんとかして生命ある外猫たちをサポートしようと日々奮闘されてこられたのが有志の皆さまです。

有志の皆さまは、野生動物でもない猫たちが人に飼われることなくフラフラとさ迷っていることを見過ごすことができず、また、ペットである猫たちの生命を尊び、多くの時間とお金を無償で差し出しサポートしてこられております。
こうした人間側の責任を有志の皆さまだけが果たすべき問題ではありません。

私たち人間側、つまり国、地域社会全体の問題であり責任なのです。

ジェィ
                         “ 物乞いもラクじゃないゎ~ ”              ・・・ゴメンナサィ




↓↓  ブログランキングに参加しています  ↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
猫の扱いには猫を愛でる有志の皆さま方のお力が絶対に必要です










スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。