ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

The animal administration of Japan ~日本の動物行政~


経過報告up!
置去りになった猫たち
コピー・転載・リンクフリー


経過報告up!
増え続ける公園猫たち
コピー・転載・リンクフリー



動物愛護を広めよう
杉本彩さん、民主党犬猫議連へ①
杉本彩さん、民主党犬猫議連へ②



【 地域猫の作り方 】
捨て猫について考える1 昔の捨て猫事情

捨て猫について考える2 動物愛護法と獣医療
動物をいじめない文化









避難所のペット、飼い主負い目 物置に隔離「同伴可」わずか
産経新聞 4月17日(日)7時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000090-san-soci

東日本大震災で避難所生活を余儀なくされるペット連れの被災者らにとって、肩身の狭い日々が続いている。仙台市ではペット同伴を認めている避難所はわずかで、市担当者は「どの避難所にもペットを敬遠する人がいて積極的に受け入れるところはない」と説明する。物置で生活しているケースもあり、見かねたペットショップのオーナーが無償でペットの一時預かりを引き受けるケースもある。(宮本尚明、八木択真)


 ◆鳴き声や臭い
 約300人の被災者らが避難生活を送る仙台市内の小学校。体育館脇の物置がペット連れ被災者の専用スペースに割り当てられ、8匹の犬が飼い主家族17人と一緒に寝泊まりしている。

 物置に入ると、小学5年の米山紗与さん(10)が愛犬のミニチュアダックスフント「みかん」を大切そうに抱えていた。避難した当初、物置が「犬小屋」と呼ばれていたという。傷ついた紗与さんは「『ワンコルーム』と言ってもらうようにした」と話す。

 飼い主家族らは、他の被災者がいる体育館に出入りする際も扉をすぐに閉め、鳴き声や臭いが漏れないように気を配っている。


 ◆トラブルに
 仙台市動物管理センターによると、仙台市内の避難所では、ペット同伴の可否は、避難所ごとに被災者らでつくる運営委員会が決めているが、同伴を認めているのは数カ所。ただ、こうした避難所は他のペット希望者が流入することを恐れ、市は公表していない。

 同伴が可能な避難所でもペットが毛布に尿をかけるなどのトラブルも報告されている。同センターの相原健二所長(51)は「防災訓練でペットを同伴して避難するようアドバイスしてきたが、理想と現実はまったく違った。忸怩(じくじ)たる思い」と肩を落とす。


 ◆家族の一員
 行き場のないペットを救う動きもある。仙台市青葉区で動物病院やドッグカフェなどを運営する「ドッグウッド」では避難生活で同伴が難しくなった犬や猫を無償で預かる活動を始めた。日中はペットを遊ばせる広場「ドッグラン」を活用し、夜間用にプレハブ小屋6棟も急遽(きゅうきょ)借り入れた。

 東京電力福島第1原発近くの自宅を出て避難所に身を寄せる福島県浪江町の佐藤直子さん(32)は中型の雑種犬を預けに来た。「避難所はペット禁止。早く迎えに来たい」。施設では現在、犬と猫計約180匹が預けられている。施設オーナーの我妻真紀さん(39)は「避難所に連れて行けず、崩れた家で犬と過ごしていた人もいた」と話す。全国からカンパを受けながら、飼い主を亡くしたペットの救出や一時預かりのボランティア探しにも取り組む。

 我妻さんは「飼い主にとってペットは家族。できる限りのことをしたい」と話した。




-----------------------------------------



生命の尊厳を与えられないペットたち。
たとえ災害時であろうとペットたちの尊厳を守るべき受け皿は必要だ。

しかし・・日本の動物行政はかなりマズイ。
一方通行で矛盾だらけで無責任。
それはペット産業も同じく。

結局、ペットたちは金儲けの手段にとどまり、そそる謳い文句はパフォーマンスというわけだ。


「ペット同伴の避難所すら相当に準備できない」

「ペット同伴の被災者を避けている」


~って、どうしちゃったんだろう!?

国の対策はハチャメチャですよ?

先を行く諸外国の皆さんは、この日本の動物行政をどのように観ているだろうか?

以下、松本秀樹さんのブログ文中より。(青字部分)


--------------------------------------------------------------

カナダでは、ペットと一緒に避難出来るようになっているそうです。

「IF YOU EVACUATE, TAKE PETS WITH YOU!! 」
(避難をする場合は 必ずペットも連れて行くこと)

その方の住む市のホームページに記載されている言葉だそうです。


---------------------------------------------------------------


ペット可の避難所を設けないこと事態が偏見や差別にも相当する対応。

ペットの飼育も繁殖売買も国=社会が認めていることですよ?

ボランティアの役割は政府の尻拭いではありません。



HELP US!

動物愛護先進国の心ある識者の皆さまへ

どうか日本の動物たちを助けていただけませんか?

今のこの日本の現状では、ペットたちを産業化すること事態が問題です。

これは日本人の気質でしょうか?

日本のペットたちは日本が経済大国になった今もなお、悲惨なめにあわされ続けています。


To intelligent peoples who have the mind of the animal protection advanced country

Could you help animals in Japan?

The situation is a problem ..making pets industrial.. under the present situation of this Japan today.

Is this a Japanese character?

It keeps being encountered a miserable lick still ..becoming an economic power of Japan.. by them pets in Japan.






Oさんのブログに、みつばちゃんが登場します
【日々是猫日】
http://jijienishi.exblog.jp/





【緊急のお願い・転載歓迎】
取り残されているペットを助けよう!
首相官邸にメールで呼びかけています。ご協力ください。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110411.html

環境大臣へもメールで呼びかけています!
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110415.html






4/12~近隣地域にチラシを配布しております。
チラシ
不用品と捨て猫情報を募っています。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。




いよいよ盛んな猫の繁殖シーズンとなりました。
我孫子市内や近隣地域で捨て猫を保護されてお困りの方がいらっしゃいましたら、一度当会へご相談ください。
微力ながら、お力になれれば幸いです。




まだまだ余震、地震が続いております。
どうぞ皆さま、お気をつけてお過ごしくださいませ。




今年4月より、佐賀県武雄市で「猫の不妊去勢手術助成金制度」が施行されました。
詳細はコチラをご覧ください。
http://kouenneko.jimdo.com/経過報告-2-4-9up/

【武雄市役所】
http://www.city.takeo.lg.jp/index.php
【武雄市長のブログ】
http://hiwa1118.exblog.jp/




東北関東大震災 緊急支援クリック募金




▼1日1クリックで応援してください▼

ボクらはみんな
人気ブログランキングへ

地球の子ども
にほんブログ村



野良猫のためのチャリティーショップ NORANEKO HOUSE

あびこアニマルシェルター



千葉県パンフレット
「人とねこの共生ガイドライン」

PDF (表紙~P10)
PDF (P11~裏表紙)


 動物は 私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる 
人間にとってかけがえのない存在です
 

スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。