ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

ご相談メール


動物愛護を広めよう
杉本彩さん、民主党犬猫議連へ




 誕生数秘学 を使った、企業の人材活性化およびリクルート業務に関してのモニター企業を募集していますよ~ 
誕生日占い(誕生数秘学)メールマガジン 2010/4/15 VOL349



  ジーニーからの今週のメッセージ 毎週月曜日更新! 



  ジョナサン・ケイナーの星占い 毎週金曜日更新!




いのちのまつり「ヌチヌグスージ」「つながってる!」草場一壽

100508_1527~01

ギャラリー真名井 -神秘の輝き 陶彩画の世界-










ご注意ください!


【 地域猫の作り方 】
2010.6.12記事 「捨て猫について考える1 昔の捨て猫事情」

2010.6.14記事 「捨て猫について考える2 動物愛護法と獣医療」
2010.6.18記事 「動物をいじめない文化」









2010.8.1
千葉県在住のSさまより、ご相談メールをいただきました。
今年5月、8年暮らした猫ちゃんを亡くされたSさまは、ご自宅の周りでみかける野良猫たちに目がとまりました・・。

以下、Sさまより。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


初めまして。
私は千葉県内に住む者です。
県内で野良猫の活動をしている方たちの検索をしてたどり着きました。

今回は相談がありましてメールさせていただきました。

話せば少し長くなるのですが・・・。

今年5月に8年飼っていた飼い猫が亡くなりました。
その後と言っては何ですが、我が家の周りで見かける野良猫たちに目がいきました。
飼っていた頃はそちらが優先でしたから、野良猫のことは気に留めたことはほとんどありませんでした。
しかし、飼い猫を失った反動みたいなもので野良猫たちに接するようになりました。

実はいけない事なのですが、飼い猫が亡くなりもう食べられなくなってしまったエサ(缶詰)をあげしまいました。
その時は、野生で生きている猫たちに人工的にエサを挙げることへの罪悪感があり抵抗もありましたが、「無駄にしたくない」みたいな想いがあり、挙げてしまいました。
でも手元に残っている分だけの期間限定で挙げていました。

挙げた猫というのも、もちろん何匹かの野良猫は居たのですが、ちょうど出産時期とも重なり、親1匹・子猫3匹の家族だけにしました。
他の野良猫には挙げていません。

野良猫たちに接してみて野生としての現状がどれだけ厳しいものなのか気づいています。
先日も車にはねられた子猫を見てしまいましたし、
野生の猫は蚤の数もすごいと聞きますし、おそらく病気にも感染していると思います。

前までは野生なのだから仕方ないと思っていました。
でも、実際に野良猫と日々接して、この一言で片付けられる問題ではない気がしています。
野良猫だから不幸なのかは、それは人間だから思うことかもしれません。
猫にしてみれば、また違った見方があるかもしれませんが。
ただ、猫を飼っていた分だけ、人に飼われることで気持ちいい思いが出来たり、暖かさ・快適さを感じれるのであればそれに越したことはない気がします。

そういう想いの中で、まずは自分がエサを与えてしまった猫たちのことについてなんらかの活動をしたいと思いはじめました。
これは私が8年間飼っていた猫への恩返しと言いますか、新しい猫を迎えるよりも野良として生きる猫たちの手助けをできないかと思った次第です。

今は「地域猫」という活動も増えてきていて、よりいっそう野良猫への関心や活動も盛んになってきている事と思います。
しかし、当方が住む町では多分そのような活動をしている団体はないと思います。
個人でやっている方もいないような…よく分からないのですが。
他の地域では活動されている方もいるようで、ネットでも確認できました。
その様子を見ますと、やはり大変の一言につきるような気がします。
エサもそうですし、病気の場合は治療費もかかりますようね。
1匹を純粋に飼っていく以上の大変さがあるなと痛感しました。

そういった活動の現状は、とりあえず把握しているつもりですが、やはり実際に活動していくとなれば計り知れないものがあるような気がして。
まして、今の自分が無業の状態にあり、お金をかけて何かをすることが非常に難しい状態でもあります。
まずは家族に相談をし、理解してもらい協力してもらいつつ、自分も頑張りたいと思うのですが…。
何から始めたら良いのかが分からなく困っております。
去勢等の手術をして繁殖を止めることは考え浮かぶのですが、それから先のことがあやふやな状態です。

一人だけで考えるのは無理があるのですが、何分他に頼れる方もいなく、弱小者です。
こんな私が出来る事は少ないし、下手に手を出すことは避けた方が良い気がしますが・・・。
今、子猫ちゃんの目が目やにで開かない状態になっているみたいで心配でもあります。

長文・乱文で誠に申し訳ありません><。
何か小さなことでも良いのでアドバイス・お叱り、何でも頂けたらうれしく思います。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


Sさま、このたびはご連絡ありがとうございました。
Sさまのご意見・お感じになられていることをお聞きし、つくづく、もう~つっくづく、情報の弊害は大きいなあ~と、感じております。
これはもう間違いようもなく、「野良猫に餌を与えないでください」情報 の弊害ですね・・。

情報を流す側には必ず意図があります。
常日頃見聞きするテレビやラジオ・マスコミなどからの情報がすべて自分にとって有益なわけでも、正しいわけでも、はたまた真理であるわけでもありません。
情報発信元には必ず何らかの意図が存在しています。
その意図・動機こそが、その情報の信憑性や質を表しています。



「どこのどいつが捨てたかもわからない野良猫!」
「たかが野良猫!」
「そんな野良猫に餌など与えることはない!」
「野良猫に餌など与えたら、味をしめて寄って来る!」
「野良猫に餌を与えたら増えるぞ!」
「野良猫に餌さえ与えなければ増えないんだ!(=飢え死にを促している)」
「野良猫を増やしてるのは、餌を与えている人間だ!」



↑残念ながら、コレは多くの方の見解だと思います。
しかしコレではあまりにも短絡的ですね・・。
自分はさも関係ないと言い張り、他者を責め、問題の核心に触れていません。

「野良猫問題」はもはや社会問題です。
元から見直さなければ、解決に至ることはありません。

野良猫がいなくならないのは、けして野良猫に餌を与える人の責任ではありませんよ。
「野良猫問題」の元には「経済」があります。
この「経済」=「販売側」の「欲の抑制」がまず第一ですね。
そこから派生して、「消費者=飼い主の問題」や、「ペットの遺棄問題」「保健所に持ち込まれるペットの問題」「野良猫問題」があるのです。
ココをうやむやにごまかしてはいけません。
本末転倒とはまさにこのことです。

野良猫に餌を与えるのはおかしな人間がすることだと思いますか?
野良猫に餌を与えるのは普通の人間のすることではないとお感じでしょうか?
野生動物でもない、人間に飼養繁殖されたペットである猫たちが、飢えてさまよっている様子をみて放っておける感覚は普通と呼びますか?
野良猫が野生化させられているのは、自然なことなんですか?
自然で在ることは良いことなんですか?
電車や車・医療を利用し、家電製品に囲まれて生活する人間の暮らしは、自然な姿なのでしょうか?


時々に ご都合主義は 堕落なり


ご相談メールをくださったSさまはその後、一番弱った仔猫を保護してくださいました。
ありがとうございます!
ちなみにSさま、私も以前、お腹のはった中猫を保護しましてね、♀の子だったので妊娠か?はたまた腹水か?と獣医さんのお見立てだったのですが、結局、ガスがたまっていたのか?妊娠でも腹水でもなかったことがあります。^^
その猫さんには餌場がありましたのでリリースしたのですが、術後はみるみるふっくらし元気にしていましたよ。

このたびはご連絡ありがとうございました。
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
私でよろしければ、いつでもご連絡くださいませ~/(^-^)
いただいたメールの文面からは、実直でお優しいSさまの姿がしみじみ伝わって、ホゥ~ッとあたたかく包まれるようでした。

以下、Sさまより。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



こんにちは、お久しぶりです。

前回メールをお送りしたのが8月30日とあるので、だいぶ日が経ってしまいました!
あれから何のご連絡もせず申し訳ありません。

衰弱した子猫なのですが、メールを送った翌日に無事保護することができました。
だいぶ体力もなかったようで私たちが近づいても逃げなかったです。

そこから数日は保護してこの後どうするかの葛藤でした。
これからまた育てることや、残された親や兄弟の猫たちに申し訳ない思いでいっ
ぱいでした。
しかし、野良猫を保護を(変な言い方ですが)こんなに簡単にできるのはある意
味奇跡に近いと思って
飼う覚悟がだんだんとついてきました。

しかし、その後動物病院へ行き、残念な結果を知らされました。
獣医さんがお腹を触診して、もしかしたらFIPの疑いがあると告げられたのです。
超音波で見ても、たしかに腹水がたまっていました。
くしくも前猫も腹水が溜まる病気だったので本当に辛かったです。

もう長くはないにしても、最期のときまで看取ることを決意したのですが・・・
その後の経過観察で腹水がどうやら溜まっていないと言われました。
たしかに、お腹のふくらみもなく、食欲も旺盛であげてもあげても欲しがります。

あのふくらみが何だったのか不思議でたまりません。
ただ油断は禁物だなと思ってます。野良猫ゆえ何かしらの病気にかかっているか
もしれませんし。
まだ体が小さいので血液検査はこれからといった現状です。

今は、この子が約2ヶ月の間どんなふうに野良として生活をしていたのか、
思いを馳せながら元気に成長してくれと思うばかりです。
また、残してしまった親や兄弟猫には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でも、ひのきさんの「野良猫たちに食や居を与えることはできなくても、その姿
をあたたかく見守り、感謝と謝罪の祈りを捧げてあげてください。」
を胸に彼らを見守っていこうと思います。

また何かあったら慌てて、メールしてしまうかもしれません。
本当にお付き合い下さってありがとうございます。

ありがとうございました。

Sより




お悩み相談の日記



 【告知】
この先当会では、人とペットの心地好い共生を目指し、地域猫の公認や殺処分の廃止を推進するために、病気や諸事情により飼いきれなくなったペット、遺棄されたペットたちの受け入れ先を準備したいと考えております。
仮名称は「あびこアニマルシェルター」
しかし残念ながら現状では、有志のみなさまのご支援・ご協力をお願いさせていただく他ございません。
どうかご賛同いただけます全国の有志のみなさま、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
明細は後日、専用ページを設けます。



※「あびこアニマルシェルター基金」へのお振込みは、通信欄に「シェルター」とお書き添えくださいませ

  ご支援のお願い

 動物は 私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる 
人間にとってかけがえのない存在です
 



▼1日1クリックで応援してください▼

ボクらはみんな
人気ブログランキングへ

地球の子ども
にほんブログ村








千葉県パンフレット
「人とねこの共生ガイドライン」

PDF (表紙~P10)
PDF (P11~裏表紙)





のらねこをたすけよう
誰かのためは自分のため、自分のためは誰かのため





オランダには動物救急隊がいる!
http://numaneko777.blog116.fc2.com/blog-entry-522.html






最終回を迎えた「 ペット大集合! ポチたま 」の だいすけ君と松本秀樹さんが、新番組に登場しますョ♪
新番組「 だいすけ君が行く!ポチたま新ペットの旅 」
http://www.bs-j.co.jp/daisuke/
4/6スタート! BSジャパン 毎週火曜日 20:00~21:00
<再放送> テレビ東京 毎週木曜日 11:30~




絵文字名を入力してください犬猫殺処分問題をテーマにした曲!
THE RED NAMES 「約束」 の詳細はコチラ



3/27 20:30~21:30は、EARTH HOURでした。
このような素晴らしい取り組みの成果は無限大です!
詳細は、セツさんのオフィシャルブログ 3/27記事をご覧くださいネ
スポンサーサイト

COMMENT

2010-09-27 » 夢多(むた) ... edit
ねこの輪様。はじめまして。
この度の御訪問心より感謝致します。
命の大切さを改めて考えさせられました。
夢多はペットNGの賃貸住まいなので・・・
ただ、
ここ2年ほど春になると玄関の戸井に「すずめ」が巣を作る様になって、親鳥が雛に必死に餌をあげる姿見るたび心いやされました。
一度雛が巣から落ちて死んでしまった事が有った時、
娘が泣きながらお墓を作ってあげました。
どんなに小さくても命は一つ。
心洗われました。
またの御訪問心よりお待ち致しております。
夢多

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。