ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

たむろする猫


仕事の帰り道、外食チェーン店前の駐車場にたむろしている猫を発見。
チャトラ、白黒、キジ白、の3匹。
毎日みかける。
此処に住みつく猫なのだろうか?
それとも飼い猫?

白黒の猫は写真にも写っているように常時よだれが。
老猫なのかもしれない。

私が近づいてカメラを向けても逃げない。
この場所は常に人気のある場所だからか、とても人馴れしている様子。

ここの猫たちを見てふっと思い浮かんだのが、コンビニにたむろする若者達の姿。
何かを求めて、人間の若者たちもたむろしている。

猫も同じ。
食べ物求めて、何かを求めて、たむろしている。

たむろする若者たちを見守る社会の目が不可欠であるように、ペットである犬猫もけして野放しにしておけるものではない。
人間の捨て子、家電の不法投棄、捨て犬・捨て猫等々、すべては人間のモラルの問題であり、立派な社会問題である。

社会の問題とは、個人の趣向とはまったく関係のないところで起こる。
猫の好き嫌いを主張して解決できるものではないし、猫の好き嫌いを理由に問題を放置できるものでもない。

私たち人間が社会を形成し、社会に属し、生活を営んでいる以上、けして目をそむけることはできない。
景気が良かろうが悪かろうが、人間はいつもいつも自分たちのことばかりを優先〝しすぎ〟ではなかったか?

それら多くの社会問題を解決すべく、リーダーシップを持ち、我々市民を促していくのが、市民の税で成り立つ行政の役割。
そして市民は、私たちをまとめる行政と連携しながら、さまざまな社会問題に取り組むべきでしょう。
個人も社会も時代に沿って進化しなければ、いつまでたっても平行線。
何も変わることもなければ、解決すら望めません。


通りすがりの人達は、此処の猫たちをどのように見ているのでしょうか?
ユニークな猫の表情と存在は、私たち人間にとって心癒されるもの。
けれど、当の猫たちにとってはどうでしょう?
寒さに弱い猫たちにとって、これからまたしばらく厳しい季節になります。



※畑猫の記事へ拍手コメントをくださる方へ。
お忙しい中、早速のコメント、本当にありがとうございます。
お寄せくださったコメント内容を心得、今後の住宅猫の不妊去勢手術の参考にさせていただきます。
いつも猫たちのお世話、本当にご苦労さまです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。<(_ _)>




101D2384.jpg

101D2387.jpg



↓↓ ちばTV  9/22(火)9/23(水)、2夜連続放送 ↓↓ With animalsさんより転載

【9/22(火)放送分】






▼1日1クリックで応援してください▼

   バナー

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ





▼コチラからのお買い物は、飼い主のいない猫たちへの支援となります。▼









▼ゆうちょ銀行▼
口座名義・・・ねこの輪
口座番号・・・00290-6-67088



キャットフード・フロントライン・キャリーバッグ・マタタビ・猫のオモチャ・不要になった猫の首輪・衣類やバッグ等々の物資を寄付していただけませんか?
飼い主のいない猫たちの不妊去勢手術等の費用を寄付していただけませんか?


お問い合わせはコチラキラキラ

スポンサーサイト

COMMENT

2009-09-26 » momo ... edit
転載してくれてありがとうございます!

ファミレスとかコンビニに、たむろする猫ちゃんは多いですよね。
恐らく残り物とか、食べ物をくれる人がいるからでしょうね・・・
何年か前、高速のパーキングのレストラン近くで野良猫をみた事があります。
レストランの従業員が、残り物をあげてお世話しているようでした。
出来れば、彼らのうち誰かがお家へ迎えてあげて欲しいんですが・・・
猫にとっては、どちらが幸せなのか?

2009-09-26 » ねこの輪 ひのき ... edit
momoさんへ

いつも貴重な情報、本当にありがとうございます!^^
そうですね・・家に迎えることが難しくても手術と餌やりをしてくださるのなら、飼い主のいない猫たちへの対応としては上等なのではないかと思います。
あともう少し欲を言えば、猫たちのハウス・トイレの設置や地域猫として認めてもらう活動をしていただけると、パーフェクトなのではないかと思っていますが、いかがでしょうか?

野生動物でもない猫に餌を与えないという行為は、もう今の時代になりますと、暗に「ゴミ荒らしを推奨」していることにもなりますし、又、暗に「生かさず殺さず」といった大変に都合の良い曖昧な対応をしていることにもなります。

これは社会通念上、倫理上、教育上、一体いかがなものでしょうか?
今一度、よく考えてみるべき大切な問題だと思っています。

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。