ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

ねこの感情


私が小学生だった頃、スーパーの前の一方通行の道で白い猫が車にはねられたばかりのところに遭遇したことがある。
その時、道脇に止まっていた車の陰から、はねられた白猫をみつめてミーミーと泣き叫ぶ3匹の仔猫がいた。

車にはねられた白猫は息もなく死んでいたのだとおもう。
おそらく仔猫たちの親猫だったのではなかっただろうか。
私はその白猫のことよりも泣き叫ぶ仔猫の様子ばかりが氣になって足を止めていた。

なぜ?
それはその時初めて猫の感情に触れたから・・。
ただただ単純に、“猫も泣くんだ・・”と子どもながらにそうおもった。
仔猫たちの様子に衝撃を受けた私は早速その様子を家に帰って話し伝えた。

私にとってはよほどの出来事だったのだろう。
あれから30年以上経った今でも、仔猫たちの泣き叫ぶ様子は私の記憶の中に鮮明に残っている。


                             イラストイラストイラスト


 ↓↓ ブログランキングに参加しています ↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ












スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。