ねこの輪 

 

                        千葉県我孫子市で活動しているボランティアグループです                  

棄て猫しないで・・  只今絶賛上映中!  もっと自分を大切に・・  仲間の手術代に餌代、稼がなくちゃ。                            

  ボクらの居場所はどこにある? いらっしゃ~い  See you♪       目撃情報待ってます! いつもありがとう ボクらにもハウスが必要!                                      
  被災者の皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。
       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

かわいそうなねこ 


もしも、私たち人間よりも大きな生物がこの世の中を牛耳っていたとしたら・・
きっと私たちは〝野良人間〟として即刻、その大きな生物に捕獲されどうにかされてしまうのだろう。

目の前に自分よりも大きな生物に立ちはだかれたとき私はまず何をするだろう?
・・きっと有無をも言わさず逃げるに違いない。
いざとなった時の私の警戒心の強さと逃げ足の速さにはねこにだって負けない自信はあるのだから。


もしもねこ社会に人間社会のような機能があったなら、きっと現在のねこたちの二極化した生活状況を改善すべく行政では日夜会議がもたらされることでしょう。
しかし残念ながらこの三次元では、ただただ受身で弱い立場にあるねこたちが数え切れないほど放置されています。


かわいそうなねこ・・


今ふと、子どもの頃に〝かわいそうなぞう〟という絵本を読んだことを思い出しました。
ねこって、あまりにも生命力が強くて元氣そうなばかりにかわいそうにみえないのでしょうか?
・・だとしても間違いなくそういう次元ではないとおもいます。

人間の欲のためむやみやたらにねこたちを繁殖売買した挙句、ひとたび都合が悪くなれば野生動物でもないねこたちをあたかも当然のように安易に遺棄してしまうという、私たち人間の傲慢で安直な無責任さが何よりの大問題です。

生態系の問題、環境問題、人間社会における生活上の問題等々~それらの大きな問題を引き起こしているのはけしてねこたちではなく、まさしく私たち人間自らの手によって行われています。


かわいそうなねこたち・・

かわいそうないぬたち・・

かわいそうなペットたち・・


私がねこだったら間違いなく人間を疑いますし信じることもできずにいることでしょう。
そして、けして心を許すこともないだろうとおもいます。



↓↓ ブログランキングに参加しています ↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
※ ここで言う〝ねこ〟とは、ペットとして扱われることのない飼い主のいない外ねこたちのことです




スポンサーサイト

COMMENT

POST

管理者にだけ表示を許可する

みんなで幸せになりましょう
 

ハッピ~ HOME : TOP ラッキ~

 
                                                                                                          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。